Kitty

猫と旅行~諏訪塩嶺編

杏ちゃんが我が家に来て3年半になりますが、おととしあたりから杏ちゃんを連れて旅行に行くようになりました。その珍道中をご紹介して行こうと思います。

第1回は諏訪塩嶺です。公式サイトはこちら -> 貸別荘 ネイチャービレッジ諏訪塩嶺

どんなところ ?

ペット可の部屋はバウバウコテージという名前ですが、猫も泊まれます。そして一匹一泊1800円と高目ですが、2回目からはなんとタダになります(何度か行ってますが今のところ2回目以降は杏ちゃんはタダです)。JTBのえらべる倶楽部でも出てくるので、グッディーはいつも少し割安で泊まらせて頂いております。

別荘地の一部に宿泊棟が点在している感じで、バウバウコテージ4棟がかたまっているエリアは、少し急な坂を登りきった森の中にあります。広々とした場所に車を止めて扉を開けると、まず森や枯葉の深い香り(フィトンチッド)に癒されます。ここからコテージの玄関まではまた少し階段があるのですが、そのおかげでコテージの窓から見える景色は森一色です。

長屋的な感じではあるのですが、横並びなので他の棟は気になりません。基本的に独立した棟なので、とても静かですね。窓からは駐車場の広場以外は森しか見えません。

風呂の窓からも外の森が丸見えで、特に朝風呂は超気持ちが良くて癒されます。いや、本当に普通の風呂なのですが、熱いお湯につかりながら外の緑や日差しが見えるとこうも気持ちよいものかと不思議に思います。日常を忘れられる至福のひと時ですね。

間取りは2DKで、広々としています。若干歴史を感じるキッチンではありますが、ダイニングの外にはウッドテラスが続き、とても気持ちよく過ごせます。ダイニング以外は和室ですが、春先や晩秋はこたつが作られ、杏ちゃんのお気に入りの場所になります。

このあたりは夏は涼しいですが冬はとても寒くなるので閉鎖されます。営業は春先から晩秋までです。

周辺の観光スポット

諏訪湖周辺は一大観光地ですが、お金をかけずとも楽しめる場所が結構あるのでお薦めです。

グッディーが必ず行くのは諏訪大社ですね。一日で四社全てまわったこともありますが、おすすめのコースは春宮 -> 秋宮 -> うなぎ屋を徒歩で巡るコースです。諏訪はうなぎ(関西風)の名店が多く、有名どころはいつも行列しています。

タケヤみそ会館と間欠泉も合わせて行きやすいですね。ごまみそソフトクリームは外せません。こことくらすわ(養命酒製造)はお土産の調達にはお薦めです。

ソフトクリームと言えば、遊覧船乗り場で売っているバッタソフトも名物です。ソフトクリームにイナゴの佃煮 ? がひとパック突き刺さっています。グッディーも最初は怖いもの見たさで買ってみたのですが、食べてみると塩ソフトみたいで案外いける味でした。食感はイナゴですし絶妙のマッチングかと言われると迷いますが、栄養価の高いものを意外とおいしくいただけるという印象でした。コストパフォーマンスも結構いいはずです。

もちろん片倉館をはじめとする温泉も、北澤美術館など芸術系も充実しています。SUWAガラスの里からは水陸両用車でのダックツアーも出ていますし、いくらでも楽しめます。諏訪の花火や日本酒の蔵めぐりも有名ですね。

少し離れてはいますが、高ボッチ山からの諏訪湖周辺の夜景はとても美しいですし、「君の名は」で有名になった立石公園からの景色も素晴らしいです。是非足を延ばして欲しいです。

ということで…

今回はネイチャービレッジ諏訪塩嶺とその周辺のおすすめ観光スポットを紹介させて頂きました。太古の昔から都市を形成していた諏訪で、今の景色を見ながら昔の人が見ていた景色に思いを馳せるのも乙なものです。

来年はいよいよ御柱大祭です。


   
関連記事
  • 猫と旅行~町田市自然休暇村編
  • 猫と旅行~清里ハーディング倶楽部編
  • 猫とお花見2
  • 猫と旅行できなかった話
  • 猫とお花見
  • 100均グッズでつくった猫タワマン !?

    コメントを残す

    *

    CAPTCHA