Kitty

猫と旅行~富士見高原ドッグランキャンプ場

杏ちゃんが我が家に来て3年半になりますが、おととしあたりから杏ちゃんを連れて旅行に行くようになりました。その珍道中をご紹介して行こうと思います。

今回は富士見高原ドッグランキャンプ場です。公式サイトはこちら -> 富士見高原ドッグランキャンプ場

実は杏ちゃんと初めて旅行をしたのがここでした。ドッグランキャンプ場ですが猫もOKです。そういえば管理事務所の入口にも猫ちゃんが居ました。

いきさつ

このキャンプ場自体は歴史が長くて、ユニフレームキャンプ場と呼ばれていた時代に1回家族で利用したことがありました。たぶん20年前とか。そのときは上のマップのBCのあたりに3張ほどテントが張れるように整地されていて、林の中にとても素敵な感じで張れたことを覚えています。横浜はうだるような暑さだったときに、こちらは気温が24度程度で驚きましたね。幹線道路が近かったため車の音が多少気になりましたが、当時から炊事場やトイレはとても綺麗に整備されていて、快適なキャンプ場でした。

そんな懐かしのキャンプ場がドッグランキャンプ場になっていたことを知り、杏ちゃんを連れて旅行してみようかということになり、10年以上ぶりにテントを引っ張り出してきて出かけてみたというわけです。

どんなところ ?

上のマップのMとOしか利用したことがありませんが、L~Oの地区は新しく開拓された地域で、他のサイトに比べると綺麗です。(が、古くからあるサイトの方が人気は高い気はします)隣接するサイトとの境界と中央の道路側は、緑のシートが張られていて、隣同士であまりワンちゃんの目が合わないようになっています。森に面している側は金網のみで開放感があります。

そしてすぐ近くに炊事場とトイレがありますが、もうピカピカです。しかもトイレはウォシュレットだし便座は暖かいし、キャンプ場とは思えないレベルです。柵の高さは猫でも飛び越えられない高さがあると思います。が、車を敷地内に止めた場合には、それを踏み台にして… なんてことはあり得るので注意が必要です。あとにも書きますが、車は要注意です。

風呂は近くのホテル八峯苑鹿の湯が便利です。そこかしこに火山帯やフォッサマグナの説明が書かれていて、意外と勉強になります。また少し足を伸ばせば尖石温泉などいくつもの温泉が楽しめます。買い出しは小淵沢インター横のクスリのサンロードに行けば大抵のものは手に入ります。道の駅もあるし、たてしな自由農園も大きくて土地の野菜などが豊富です。

周辺の見どころ

お金はそれなりにかかりますが楽しめるのが、いわゆる富士見高原リゾートです。このドッグランキャンプ場もその施設群に含まれるようですが、冬はスキー場となるエリアがそれ以外の季節ではお花畑やペット可のキャンプ場として楽しめるようになりました。意外と楽しめたのが杏ちゃんも行った創造の森、特にウォークラリーをやっているときはお薦めです。(今はやってないみたいですが…)ウォークラリーのいいところは、彫刻を調べながら回ることになるのでとても勉強になることが一番ですが、隅から隅まで回る必要があるので結構な運動にもなります。頑張って調べた暁には鹿の湯の入浴券がもらえるのもキャンパーには嬉しいですね。そして天空のテラスからの絶景。甲斐駒を中心とした南アルプスの雄姿と富士山から北アルプスまで見渡せる大パノラマは一見の価値ありです。

また前にも書きましたが、近くに乙事という場所があって、乙事諏訪神社やそば処のおっこと亭があります。地味な場所ではありますが、乙事主の名前の由来となった場所です。

八ヶ岳は野辺山側から見るのも良いですが、原村側からの景色も雄大ですよね。特に冬の八ヶ岳は非常に美しいです。そしてもう少し足を伸ばすと、諏訪大社上社があります。前宮は四社の中では一番規模は小さいと思われますが、左手に清水が湧き出しているあの感じが好きです。本宮は長い廊下が特徴的ですね。こちらも参道はそれほど長くなく、すぐに拝殿に着きます。本殿はなくご神体は守屋山ですが、拝殿は前宮の方を向いています。四社もあることと言い、謎が多い諏訪大社ですが、特に本宮を訪れると、地元の人々に愛され、地元に強く根付いていることをひしひしと感じます。そしてここから高遠の方へ抜ける道沿いにひっそりと物部守屋神社があるんですよねー。謎は深まるばかりです。ちなみに守屋山は諏訪湖や八ヶ岳連峰はもちろんのこと、全アルプスが見渡せる大パノラマ眺望の山として有名です。

キャンプは楽しいけれど、

人間様にとってはキャンプは気持ち良いけれど、杏ちゃんにはちょっと開放感ありすぎだったようで、落ち着かない様子でしたね。テントの中で過ごすことが多かったです。それでも普段は杏ちゃんは寝床は別なので、テントで一緒に寝れて楽しい体験ではありました。

このキャンプでは、あらためて猫のことを学ぶいい機会になりました。猫の習性はもちろんのことですが、「こうするとこうなる」的なところが目から鱗なことが少なからずありましたね。あと猫の強さというか何というか…

今回はあまりそのあたりは書かないつもりですが、簡単に言ってしまうと、テントを畳むと猫は居場所がなくなってしまうので、そうなってしまう前に車に退避させてあげる必要があります。ここを間違うと、車の下に隠れてしまいガンとして出てこないことになります。チャオチュールでも出てこなかったので、よっぽどだったのでしょう。杏ちゃんごめんね…

とは言っても、

人間だって気晴らしに旅行したいし、かかりつけの動物病院で預かってくれるので安心とは言え毎回預けるのもどうかと思っているので、たまに付き合ってもらって少しずつ慣れてもらっています。自然休暇村と小出山荘はもはや杏ちゃんの別邸になっていますしね。最近は「そろそろどこかへ行かないのか」的な視線を感じることも !?

というわけで、

今回は、富士見高原ドッグランキャンプ場をご紹介しました。八ヶ岳周辺が多いなって思ったでしょ ? そうなんです、このあたりが大好きなんです。でも快適な場所に巡り合えて同じ場所ばかり行っているので、ちょっとネタ切れ気味かな。ということで、「猫はお留守番」的な記事も書いて行こうかなーと。(それは単なる旅行記ではあるのだけれど、結構いろいろなところに行っているので、思い出の整理も兼ねて)もちろん杏ちゃんと旅行も開拓して行きますよ。


   
関連記事
  • 猫とバラ苑
  • 猫と旅行できなかった話
  • 100均グッズでつくった猫タワマン !?
  • 猫とばら苑
  • 猫と旅行~星みる舎編
  • 猫とお花見2

    コメントを残す

    *

    CAPTCHA