AI

GAN

SemanticStyleGANって知ってますか ? CVPR2022で発表された技術で、StyleGAN2をベースに目、鼻、口、髪型など特定の個所のみエディットできる技術です。プロジェクトページはこ ...
続きを読む

PyTorch

torchvisionのtransformsはお手軽にdata augmentationができとても便利です。是非使い込んでほしいので、簡単な例を示しておきたいと思います。 公式ドキュメント TRAN ...
続きを読む
torch.squeeze()を使う機会って場当たり的にやってきませんか ? これを計画的に使いこなしている人がいるとしたら、尊敬します。torch.unsqueeze()はまだ必要に応じて使っている ...
続きを読む
さまざまなデータセットを複合的に利用するケースがあったのですが、その場合たった3つのデータセットでさえA, B, C, A+B, A+C, B+c, A+B+Cと7通りの組み合わせでトレーニング -- ...
続きを読む
引き続きPyTorch LSTMを使って学習したときに発生した問題の紹介です。シンプルなLSTMでは発生していなかったのですが、グラフの規模が大きいシステムを扱ったとたんにハマりました。結果的には初歩 ...
続きを読む
numpy.reshapeは気をつけて使おう ! の続きです。この記事の最後でも触れましたが、torch.viewも同様なわけですと言ってるそばから間違っていたという話しです。しかも学習という意味でデ ...
続きを読む
例によってKerasからPyTorchへのお引越しでプチハマったことがあったのでまとめておきます。 Kerasでは学習が簡単に収束したのに、同じようにプログラムを組んだつもりでもPyTorchでは簡単 ...
続きを読む
KerasからPyTorchへの乗りかえの一環で数日ハマっていたのですがようやく抜け出せました。終わってみれば大したことではなかったのですが、Kerasで一旦動作しているという気のゆるみが誘発したケア ...
続きを読む
バランスの取れたデータセットが常に用意できればよいのですが、ラベルごとにデータの数がばらついてしまうことはよくあります。 そんなとき、Kerasだとclass_weightを用意してmodel.fit ...
続きを読む
学習済みモデルの中間層出力である特徴量を取得して、別の学習器に適用したいことってありますよね ? Kerasでは出力を再定義([probability] -> [probability, fea ...
続きを読む
新参者は歴史的な経緯を知らないので少しはまりました。Floatゼロ値のスカラーテンソルを作りたかっただけなのですが、torch.Tensor(0.) だとダメで正解は torch.tensor(0.) ...
続きを読む
RTX3090搭載のPCをゲットできたので、セットアップ。少しはまったけど無事PyTorchがRTX3090のGPUで動作したのでその手順をまとめておきます。 Ubuntu20.04のインストール こ ...
続きを読む
やはり元の話しでの解決方法は、辞書の中身の違いを分析し、ある意味無理やり合わせることによって解決したのでスッキリしていないのと、エラーは出なくなったけどもパラメータがきちんとロードされていない場合も見 ...
続きを読む
PyTorch Lightningをベースに書かれた画像認識系のソースコードを拡張して自作データセットで学習させたときの苦労話し。 前提 torch.nn.Modulesでベースモデル (_model ...
続きを読む
PyTorch初心者ならではのはまりどころをご紹介していくcorner。 視線推定の論文を読んでいて、dataset, source code, 学習済みmodelが上がっていたので試していたときの話 ...
続きを読む
ども、グッディーです。PyTorch初心者ならではのはまりどころをご紹介していくcorner。 今回は視線推定の論文を読んでいて、dataset, source code, 学習済みmodelが上がっ ...
続きを読む
Blitzの最終回です。今回は、TRAINING A CLASSIFIERです。(以下翻訳です) 分類器の学習 さてこれまでのtutorialで、どのようにNeural Network (NN)が定義 ...
続きを読む
引き続きPyTorch Tutorialを見て行きます。今回は、NEURAL NETWORKSです。(以下翻訳です) Neural Network NNはtorch.nn packageを使って構築し ...
続きを読む
[latexpage] 引き続きPyTorch Tutorialを見て行きます。今回は、A GENTLE INTRODUCTION TO TORCH.AUTOGRADです。(以下翻訳です) torch ...
続きを読む
というわけで、Tensorflow 2で痛い目に遭ったので、PyTorchはじめました。ひとまずDEEP LEARNING WITH PYTORCH: A 60 MINUTE BLITZから見てみまし ...
続きを読む

Tensorflow & Keras

例によってKerasからPyTorchへのお引越しでプチハマったことがあったのでまとめておきます。 Kerasでは学習が簡単に収束したのに、同じようにプログラムを組んだつもりでもPyTorchでは簡単 ...
続きを読む
KerasからPyTorchへの乗りかえの一環で数日ハマっていたのですがようやく抜け出せました。終わってみれば大したことではなかったのですが、Kerasで一旦動作しているという気のゆるみが誘発したケア ...
続きを読む
バランスの取れたデータセットが常に用意できればよいのですが、ラベルごとにデータの数がばらついてしまうことはよくあります。 そんなとき、Kerasだとclass_weightを用意してmodel.fit ...
続きを読む
そもそも 1年半くらい前はTensorflow 1ベースで推定器開発をしていた人も多いはず。 グッディーもTF 1.12で開発した3つの推定器を組み合わせて上位のinferenceを行ってました。結構 ...
続きを読む

Onnx

またまた ONNX Runtime ネタです。 PyTorchからONNXへの変換を調べるときにまず見るサイトのひとつが、PyTorch Tutorials にある (OPTIONAL) EXPORT ...
続きを読む
ONNX RuntimeでGPUを指定する方法って知ってました ? もしかしたらほとんどの方が知っているのかも知れませんが、恥ずかしながら知りませんでした。というかできないと思ってました。 というのは ...
続きを読む
タイトルだけだと意味不明かもしれませんので正しく書くと、ONNX Runtimeで動作する「他の人が開発した」Inferencerから出力されるWarningを出なくする方法、です。 いきさつ ONN ...
続きを読む

Docker

びっくりしましたよね。昨日まで普通に通っていたビルドが急に通らなくなったのですから。でも落ちついて対処しましょう。やるべきことはシンプルです。 トラブルの原因 Notice; CUDA Linux R ...
続きを読む
いきさつ 実はグッディーの環境ではいつからかDocker container内でsudoすると、 sudo: effective uid is not 0, is /usr/bin/sudo on a ...
続きを読む
環境 周辺事情によりやや古い環境ですが: # cat /proc/versionLinux version 4.15.0-54-generic (buildd@lgw01-amd64-014) (gc ...
続きを読む
よくある話しかも知れませんが、OpenCVベースのシンプルなプログラムでいろいろ試してみて、新しい発見もあったので、まとめてみます。 はじめに 実験のために走らせたプログラムは、OpenCVベースの単 ...
続きを読む
ffmpeg Linux環境で画像系のソフトウェア開発されている方は、ffmpegを使うことも多いのではないでしょうか?動画をお手軽にコマンドラインで編集できて、とても便利です。 でもffmpegは依 ...
続きを読む

OpenCV

自前で用意した画像データの色味や光源環境の影響で学習や認識がうまく行かないことってありますよね ? そんなときに活躍するのがEqualizationすなわちヒストグラム平坦化です。 Equalizat ...
続きを読む
顔認識でFacelandmarkやHeadposeを扱う場合、cv2.solvePnP() を使って回転ベクトル (rvec) と並進ベクトル (tvec) を取得し、cv2.Rodrigues(rv ...
続きを読む
環境 周辺事情によりやや古い環境ですが: # cat /proc/versionLinux version 4.15.0-54-generic (buildd@lgw01-amd64-014) (gc ...
続きを読む
よくある話しかも知れませんが、OpenCVベースのシンプルなプログラムでいろいろ試してみて、新しい発見もあったので、まとめてみます。 はじめに 実験のために走らせたプログラムは、OpenCVベースの単 ...
続きを読む

WebApp

Web server & client system において、Webブラウザーからサーバーにファイルをアップロードし、Rabbitmq でキューイングされたファイルを Python Pika ...
続きを読む
"ffmpeg-python show progress"で検索すると出てくるのがこのコード (ffmpeg-python/show_progress.py at master - GitHub)。こ ...
続きを読む