Kitty

猫とバラ苑

毎年この季節になると、生田緑地のバラ苑やってるね、という話しにはなるものの、なかなか行く機会がありませんでした。

コロナ禍でステイホームが長引いているのと、今週末で終わってしまうのと、今日はあいにくの雨の平日ということで、きっと空いているよとという話しになり、急遽行ってきました。とは言っても実は車で15分くらいの距離なんですが。

ということで、杏ちゃんと生田緑地のバラ苑に行ってきましたので紹介します。公式サイトはこちら -> 生田緑地ばら苑

どんなところ ?

もともとは向ケ丘遊園にあったバラ苑を閉園後も引き継いで整備しているもののようです。春と秋に期間限定で公開されています。全景はこんな感じ。

場所ですが、向ケ丘遊園の駅から行くと、藤子不二雄ミュージアムの手前を右手に上がって行きます。案内も出ていますし、交通整理の人も結構出ているので、迷うことはないと思います。

山を結構登って行くと、右手にバラ苑が見えてその奥が臨時駐車場になっています。500円也。思惑通り空いていて、車は10台ほどでしたね。車を降りて入口方面に歩いていくと検温場所があるので、検温して手をアルコール消毒して、いざバラ苑へ。

ちなみにペット同伴可ですが、抱っこしないといけないのでご注意下さい。

いやもうそりゃ綺麗ですよ。写真を見て頂ければ一目瞭然だと思いますが、ベストな状態の株もいっぱいあって、それはそれは美しいです。映えを探して撮影に力の入る方々もチラホラ。みんな思い思いに楽しんでいます。

公開終了が近いということもあり、開ききったり散り始めているバラも結構あって、もう少し早ければベストだったかなという印象ではありますが、つぼみもいっぱいあったし、香りも楽しめたし、言うことなしでした。

バラって名前を読んでるだけでもおもしろいです。これなんか立派だなーと思ったら「レオナルドダヴィンチ」とか、ちょっと華やかでゴージャスだなーと思ったら「カトリーヌドヌーブ」とか。

世界の皇室のために作られたバラのコーナー(ロイヤルコーナー)はそれはそれは立派で華やかです。一見の価値ありです。また苑内には殿堂入りのバラが二株ありました。

ということで…

今回は生田緑地のバラ苑を紹介しました。バラって写真で見ても本当に美しいですね。杏ちゃんは何これ~という感じでしたが、香りを楽しんでいるようでした。

1時間もあれば結構楽しめますので、遠方からここだけのために来るのは大変かも知れませんが、周辺には藤子不二雄ミュージアムや生田緑地内に民家園、岡本太郎美術館、新しくなったプラネタリウムなどありますので、合わせて来られると良いかも知れません。

今週末で今季の公開は終了ですが、是非訪れてみてください。おすすめです !


   
関連記事
  • 猫とお花見
  • 猫と旅行~諏訪塩嶺編
  • 猫と旅行~清里ハーディング倶楽部編
  • 猫と旅行~富士見高原ドッグランキャンプ場
  • 猫と旅行~小出山荘編
  • 猫と旅行できなかった話

    コメントを残す

    *

    CAPTCHA