Kitty

猫と旅行~星みる舎編

杏ちゃんが我が家に来て4年が過ぎますが、おととしあたりから杏ちゃんを連れて旅行に行くようになりました。その珍道中をご紹介して行こうと思います。

今回は星みる舎です。公式ホームページはこちら -> 星みる舎

じゃらんや楽天トラベルなどに登録していないようなので、なかなか出会うのが難しい場所ではありますが、知る人ぞ知る貸別荘です。というのは、2002年のTVチャンピオンの大工王選手権で建てられた建物だからです。

グッディーはこの番組を見ていた記憶があって、最後に崖をライトアップして「おー ! 」という歓声があがったシーンを何となく覚えています。そんな斬新かつ野趣あふれる星みる舎に、お盆前の夏休みに帰省してきた子供たち二人と今回は総勢4名+1匹で4泊お世話になりました。

どんなところ ?

ここは猿ヶ京温泉の一角にあります。苗場スキー場に行ったことのある人なら、よくご存じではないでしょうか ? 三国街道が越後に入る手前に広がる地域で、大変山深く趣きのある場所です。

国道から入り集落を抜けて、さらに一本道を進んだ先にポツンとあります。大きなオーナーの家が隣にありますので夜も灯りがありますが、これがなかったら都会人はちょっと怖いと感じてしまうくらい大自然に囲まれた環境にあります。

到着すると、噂の表札が掛かっていましたよ。我が家の名前の表札が作られていて、持って帰れます。(次回からは持ってくるということでした)なかなか嬉しいおもてなしです。

目の前に川というか沢が流れていて、ずーっと沢の音とマイナスイオンに包まれている感覚です。小さな滝というか堰がいくつかあるので、沢の音はかなりの音量でしたね。また今回は滞在中に一日豪雨の日があったのですが、このときはものすごい濁流でした。少し怖いくらいでしたが、これ以上はないと言えるくらいのものすごい集中豪雨があっても氾濫はしなかったので、逆に良く計算されていると思ってしまいました。

そしてここの目玉は露天風呂です。猿ヶ京温泉にありながら温泉ではないのですが、普通ではありえない露天風呂を楽しめます。扉を開けると目の前が沢でその向こうが例の崖です。夜この崖がライトアップされてとても良い雰囲気をかもし出します。夜扉越しにこのライトアップを見ると、額縁の中に何か水墨画を見ているような気持ちになります。そしてライトが消えてしまうととても寂しい気持ちになるので、なぜか皆21時半までに入りたがるという不思議な状況がありました。

真夏の滞在ということで、暑さと虫が気になっていたのですが、少なくとも夜は涼しく扇風機で十分でしたね。また時期がよかったのかそれとも網戸の効果が高かったのか、家の中にはほとんど虫は出ませんでした。露天風呂はさすがに小さな虫はいますが、管理人の方の説明のとおり、夜は風呂の電気はつけずに洗面の電気をつけるようにしたところ、ほとんど気にならないレベルでした。

夜に近くのスポーツ広場に行ってトイレ棟に入ってみたところ、アブや蛾がいっぱいいましたので、虫はいるし明かりがあれば集まる環境であることは間違いありませんが、少なくとも家の中に居るかぎりはあまり気になりませんでしたね。エアコンはないので基本的に窓は全開ですし、網戸がカーテン状の場所もあり完全に隙間を塞いでいるわけではなかったのですが、目立った虫は入って来ませんでしたので、これも良くできていると思いました。もしかしたらもともと蚊の少ない環境なのかも知れません。蚊取り線香からスプレーまで虫よけも数多く用意されていましたが、全く使いませんでした。

あと、テレビはありません。町田市休暇村同様ラジオを持ち込んでいたのですが、沢の音が大きいのと、久しぶりの子供たちとの旅行であまりに楽しかったので、ラジオをほとんどかけることはありませんでした。

電波状況ですが、ドコモは恐らく入るのだと思われますが、AUはほとんど入りません。機種によってはアンテナ2本立ちましたのでなんとか情報検索程度はできましたが、多くの機種ではアンテナ1本と思っておいた方が良いでしょう。テキストのやり取りがせいぜいでした。

アプローチ

我が家が神奈川にあることもあり、山梨長野方面に行くことがほとんどなのですが、今回は珍しく群馬県に行きました。圏央道ができて関越へのアクセスが大変良くなりました。途中の狭山パーキングエリアは、比較的コンパクトながらもお茶やポークで有名な地域だけあって、グルメ的にかなりお薦めです。上り下りともに個性的な絶品グルメがありますので、是非お立ち寄りを。

そして月夜野インターで降りて国道17号を上がって行くと比較的すぐに到着します。上越新幹線の上毛高原駅も近く、アクセスはとても良い地域と言って良いでしょう。

中央道のアップダウンやカーブの多さから比較すると、この地域までの関越道は運転がそれほど大変ではなく、距離の割には楽にアクセスできる印象でした。沼田周辺は地形が複雑で立派な橋も多くなり、日本の建設技術の高さを感じることもできます。

食料の調達

大型スーパーは月夜野インターや水上インター周辺にあります。Basiaは基本的に何でも調達できておすすめです。

また、猿ヶ京温泉にはローソンが一軒あります。まあ普通のローソンではあるのですが、その利便性ゆえに毎日何となく立ち寄ってしまうところがあります。困ったらここに駆け込めば何とかなります。

周辺の観光スポット

今回は4泊5日と長い滞在でしたので、大きく3か所に出向きました。

まず訪れたのは尾瀬です。日本有数の観光地ということもあり、大変混んでいる印象なので今まで避けていたのですが、鳩待峠が近い(遠くない)ということもあって今回思い切って行ってみました。

鳩待峠の駐車場は2500円ですが、10時ですでに満車でした。それほど天気はよくない日でしたが、それでもダメでしたね。戸倉からの乗り合いタクシーということになりました。戸倉第一駐車場は一日最大1000円、戸倉からの乗り合いタクシーは一人片道1000円です。4人往復で計9000円ということで高くついてしまいましたが、今回は久しぶりの家族全員揃っての旅行ということもあり、あまりお金のことは気にしないことにしました。

鳩待峠の駐車場は空き待ちができない雰囲気ではありましたが、戸倉往復で1時間はかかってしまいますので、1時間待って鳩待峠に止めるというのももちろんアリだと思いますよ。また、運転手のみ犠牲にして他の人は鳩待峠でおろすというもありますね。懐具合に応じて選択肢を考えると良いかと思います。

鳩待峠は満車ではあったのですが、天候がそれほど良くなかったこともあり、尾瀬ヶ原としてはかなり空いている方ではなかったかと思っています。のんびり尾瀬ヶ原散策を楽しむことができました。

初めての尾瀬ではありましたが、あんなに広大な湿原だとは知らず、前に燧ケ岳、後ろに至仏山、この世とは思えない美しさでした。あまり人のいない木道を家族4人でのんびり歩けることに幸せを感じつつ、水芭蕉が咲いているわけでもありませんでしたが、オゼコウホネや小さな高山植物を愛でながら、広大な湿原を歩くことができました。

今回は竜宮の手前まで行ったのですが、なんと竜宮直前の小川の向こう(5mくらい先)に子熊を見ました ! 危険と隣り合わせなので喜んでもいられない体験ではあったのですが、とても感動しましたね。小川の手前だったらこちらが一目散に逃げているシーンではあったのですが…

次は苗場山です。息子と二人で行ってきましたが、コロナ禍で体力が落ちていたせいか、なんと私は神楽の峰の先でリタイヤ。息子のみ苗場山頂到達ということに相成りました。

ショートカットのリフトが運行している想定で行ったらなんと休止中。(このリフトのために折角土曜日にスケジュールしたのにトホホ…)これで登り1時間プラスが久しぶりの山行の老体にはこたえました。そして息子はトライアスロンで毎日鍛えている。差は歴然でしたね。

息子曰く、苗場山の高層湿原はこの世のものとは思えない美しさだったそうです。いつかリベンジしたいと思ってます。

想定以上に私は疲れてしまい、下りにもかなり時間がかかってしまいましたが、5合目になんとか帰着して30分もしないうちに息子が現れたのには正直舌を巻きました。半分ジョギングで相当数の人を抜いてきたそうです。しかもランニングシューズで…

最後はたくみの里です。結局ふらっと3回も訪れているのですが、上の写真は私と息子が苗場山に行っている間に、妻と娘が訪れた(なんとバスで)時のものです。

蚕の家とおし花の家を訪れたそうです。蚕の家では(予約なしで)蚕の糸(すなわち絹)を巻いて小さなライトスタンドを作ったそうなのですが、これがたいそう良かったらしく、星みる舎でもずーっとこのスタンドを点灯していました。

繭から糸が紡がれていくと次第に中のさなぎが見えてきたりして、とても複雑な気持ちではあったらしいのですが、そういった現実にも理解を示しつつ、スタンドの絵柄をつけるのが相当楽しかったようです。

おし花の家で作った小さなうちわで扇ぎながら、ライトスタンドの灯りを皆で囲んで最後の夜を惜しみながら過ごしました。

またその前日には遅いランチで四季の家を訪れ手打ちそばを頂きましたが、(予約なしでも)そば打ち体験をさせて頂けるようで、しかもリーズナブルなお値段でしたので、次回は体験したいと思っています。

たくみの里は全体的にリーズナブルな価格設定の印象で、時間があったら是非訪れて体験してみて欲しいと思います。

ということで、

今回は猿ヶ京温泉の星みる舎をご紹介しました。4泊5日と長い滞在でしたが、久しぶりに家族4人が揃っての旅行ということで、かなり濃密な時間を過ごすことができました。

あまり詳しく書きませんでしたが、星みる舎はかなり凝った構造(ある意味とてもシンプル)なので、露天風呂以外はプライバシーは確保しづらいです。なので、気心の知れた仲の良い者同士で滞在されると、より楽しめるのではないかと思います。

そしてある意味トイレがサプライズになっているので、是非実際に体験してみて下さい。最先端のトイレがあなたをお待ちしています。

プライバシーがないとは書きましたが、窓を開けていると沢の音が大きく普段都会で気にするようなノイズは全てかき消されてしまうような環境なので、小さなことは気にならないとも言えます。もしかしたらパワースポットと感じるような人もいるかも知れません。

多人数で長期滞在するとお得になる価格設定や、ペット無料というのもありがたいですね。是非一度訪れてみて欲しいです。


   
関連記事
  • 猫と旅行~富士見高原ドッグランキャンプ場
  • 猫トンネルの向こう側 !
  • 猫とバラ苑
  • 猫と旅行~南箱根の民泊編
  • 100均グッズでつくった猫タワマン !?
  • 猫と旅行~小出山荘編

    コメントを残す

    *

    CAPTCHA